ブラスト工法

ホームブラスト

ブラストとは

平成17年に「鋼道路橋塗装・防食便覧」が改訂され、塗替塗装としては素地調整1種(ブラスト工法)をはじめて適用するように求めている。
それを受け、最近の塗替塗装仕様にブラスト工法の適用が増えてきており、今後も増えていくことが予想される。
しかし、ブラスト工法を現場で行うと、研削材や旧塗膜の粉塵飛散の危険性が発生したり、 除去された旧塗膜と研削材が大量に発生し産業廃棄物の処理コストも増えるなど、いくつか問題も出てくる。

乾式ブラスト工法

バキュームブラスト

ブラストガンが噴射ノズルと回収ホースとが一体になり、施工と同時に研削材・粉塵を飛散させずに吸引回収する工法です。

オープンブラスト

ブラストガンが噴射ノズル単独になっており、回収は別系統にて行う工法。
バキュームブラスト工法に比べて施工効率は高いが、施工に研削材・粉塵の外部への飛散を防ぐために十分な養生が必要となる。

施工の流れ

  • 施工前

    施工前

  • ブラスト施工状況

    ブラスト施工状況

  • ブラスト施工状況2

    ブラスト施工状況2

  • ブラスト完了

    ブラスト完了

  • 塗装完了

    塗装完了


特徴

スピネル性研削材ウィンドリーム

・粉塵の発生が極めて少量なので作業効率が優れています。
・スピネル性の組成で安定性が高く、硬度が優れています。
・研削後、塗料の付着性が極めて高くなります。

研削材回収システム

研削材を回収システムにより再利用しますので、高いコストパフォーマンスを実現します。

産業廃棄物量の削減

研削材を繰り返し使用するため、産業廃棄物の発生量が少なくなる。

使用機器説明

機器設備がコンパクト

施工に必要な機材が2t-4tトラックに搭載され、駆動力のあるコンパクトシステムです。

作業スペース

4tトラックにしておおよそ2台分ほどの作業スペースが必要です。

  • 使用機器

    使用機器

  • 使用機器ブラスト

    使用機器ブラスト

  • 使用機器回収分別

    使用機器回収分別


施工実績はこちら